ヤバい!梅毒患者が秋田県で急増ニュース!いまさら聞けない梅毒とは?

一月前に「初の総理大臣誕生」に沸いた秋田県だが、10月になって「感染症」の流行が深刻になっている。

 県の保健・疾病対策課によれば、10月11日時点で今年の「梅毒」の感染者数は64人。統計開始以来最多となった2019年(28人)の2倍以上だ。感染症に詳しいマイシティクリニック院長の平澤精一医師が語る。

「梅毒は主に性行為を介して感染します。放置すると最終的には大動脈瘤や進行麻痺などの症状が出ますが、無症状期間も長く、その間に感染を拡大させるリスクがある。

 感染者はここ数年で全国的に増加しており、国立感染症研究所の統計によれば、2019年は全国で6577人と5年前の約4倍に増えました。外国人観光客の風俗店利用や、SNSの発達などの影響が指摘されていますが、はっきりとした要因は分かっていません」

 急増する秋田の感染者は40代男性と50代男性がそれぞれ13人と最も多い。国立感染症研究所は、「性風俗産業の従事者や利用者の周辺で感染が広がっている」と警鐘を鳴らしており、毎日新聞(10月17日地方版)でも、秋田市内の泌尿器科医の声を引いて、〈県内の感染者は性風俗店の従事者や利用客の周辺に多い印象〉と指摘した。

 秋田での感染拡大の背景を調査すると、次のような声も聞こえてきた。

東京の風俗嬢による“地方出稼ぎ”問題も懸念されている。春以降、コロナで東京での仕事が減った風俗嬢が地方の歓楽街に流れ込んでいる現状があります」(風俗店関係者)

 風俗情報サイト『俺の旅』編集長の生駒明氏はこう語る。

「梅毒はその特性から風俗嬢にリスクが高いのは事実ですが、利用客から恋人や配偶者に広がるなど、今は様々な感染経路が考えられる。Go Toキャンペーンもあるので、“夜の街関連”にかかわらず県をまたいだ感染が増えていくと思います」

“梅毒パンデミック”はまだまだ続きそうだ。

※引用元:週刊ポスト2020年11月6・13日号より参照

秋田県といえば「コロナ患者」が2020/10/28現在で61名と都道府県全体でみると比較的少ない傾向にある。

それもそのはず、県外からの秋田への観光客が少ないことや夜になると人が滅法減るという傾向があるからである。

梅毒とは?

梅毒トレポネーマによる感染症性交渉をきっかけとしてうつることが多い。感染すると数週間の潜伏期間を経てから、全身症状を引き起こす。初期は症状が軽度なため、発見が遅れることもあるが、早くに治療を開始できれば治すことができる。逆に早期に治療を行わないと症状が悪化し、大動脈瘤、髄膜炎や神経障害(神経梅毒)などが生じて命にかかわる重篤な状態になる場合もある。また大人に限った病気ではなく、母体が感染していると胎児も感染してしまい、先天梅毒と呼ばれる症状が出現することもある。日本での患者数は長らく減少していたが、2010年を境に増加傾向が続いている。

引用元:ドクターズファイルより参照。

このコロナ禍でこのような行為は大変危険なことが分かりましたよね!

自分の命を守ることは他の人も守るということなのですよ!

我慢は非常に大事ですが、そんなときは代わりのもので欲求をみたしましょう。

あなたはVODサービスというのをご存知ですか?

VODサービスとは動画配信サービスのことを指します。その中には成人向けのコンテンツも充実しているものがあります。

そのコンテンツとは【U-NEXT】で配信されているものです。

このサイトでは上記のサービスについて色々と記載していますのでそちらを参考にご利用してみてはいかがでしょうか?

【U-NEXT】に登録(実際加入してみた感想)

あなたのお気に入りが必ず見つかると思いますよ!

それだけではありません。ジャンルに至っては多種多様を揃えていますからそれ以外でも満足すること間違いなしです!

このサービスは初月無料でその後、月額2189円(税込)でご利用できます。

「ちょっと高いな!?」と感じた場合でも値段と比較したとしても、コンテンツ量の充実さが非常に目立つので満足と思えるはずですよ。

最後に

まだまだコロナ禍の状況は変わりません!

人との接触する機会の多い職種は大変ですが、一つずつでいいから自分で対策できることを実践していくよう頑張りましょう。

習慣というものは重ねていく事に自然と身に付いていくものです。

明日を見る為に今日をしっかりとしていきましょうね!

今回の記事は以上となります。

最後まで読んで頂き有り難うございました。

それでは。

最新情報をチェックしよう!